国内で格安航空券を購入時の注意点

- 国内で格安航空券を購入時の注意点

国内で格安航空券を購入時の注意点

格安航空券を購入する際には、いくつかの注意点があります。それを知らずに買ってしまうと、結果的に大きな買い物となり損をすることもありますよ。当たり前になった今こそ、気をつけましょう。

いつ購入すべきか

飛行機
1.発売日に購入する
格安航空券は、いつ買うか、これが重要です。例えばJALの先得やANAの旅割は、予約の開始日に購入すべきです。この日については随時航空会社からお知らせがあります。それを見逃さないようにしましょう。

旅行会社から本来の意味における格安航空券を購入する際には、出発日の1カ月前も買い時です。この時からキャンセル料金が発生するため、複数の予約を押さえていた人が、選択を強いられる時期だからです。

2.閑散期に購入する
皆と一緒に旅行へ行きたいですか。もちろんビジネスならば日時を選べません。しかし誰も行きたがらないような閑散期こそ、格安航空券の買い時です。つまり需要と供給の関係から値段が安くなるからです。

一方で閑散期は、旅行代理店も時間的な余裕が生まれます。この時期にチケットの相談などをすると、ゆっくり相手をしてもらえるかもしれませんし、サービスもよいはずです。

3.LCCが飛ばす時間帯を購入する
格安航空会社LCCが飛ばす時間帯を探すべし。本来であれば大手航空会社は安いチケットを売りたくありません。とはいえ競争のために、LCCが飛ぶ時間帯の値段を下げることがあります。

金額だけで比べたら、もちろんLCCが有利です。しかし大手なら機内サービスが無料だし遅延しにくいなどのメリットがあります。トータルで考えれば、どちらにしますか。

購入時の注意点とは

折れ線グラフ
1.値段は常に変化します
ネット経由でチケットを購入するのが一般的になりました。ネットは便利ですが、油断すると危険です。つまり格安航空券の値段は常に変化するからです。今日見た値段が、明日も同じである保証はありません。

見つけた時が買い時です。キャンセル料が発生しない期間であれば、少なくとも旅行会社に問い合わせるか予約の手続きだけはしておきましょう。

2.翌日便を購入するには
基本的に格安航空券は、出発の3日前までしか販売していません。これは業界のルールでもあります。そのため出発が近づくにつれ、普通運賃で乗ることになります。急な出張などは損な感じです。

しかしJALの特便割引やANAの特割などであれば、翌日便でも安く購入することができます。選択肢があるという情報だけでも知っておきましょう。

3.取扱料金とは何か
旅行代理店は便利です。馴染みになっていれば、様々な便宜を図ってくれます。粘り強くチケットを探してくれるでしょう。しかしお店も商売です。ただで働くわけではありません。

店頭に料金表はありませんか。取扱料金と呼ばれ、一種の手数料です。チケット1枚当たり、また宿泊などの手配をすると追加されます。明細をチェックしましょう。疑問があれば、逐一尋ねてみましょう。

ワンポイントアドバイス

台風
1.予約の変更はできません
格安航空券は、ビジネスでも利用するようになりました。しかしそもそものデメリットを忘れていませんか。第一には予約の変更ができません。

早く買うほど安くなりますが、早いほど日程が定まらなかったり、後々スケジュールの変更を強いられるものです。キャンセル料金の仕組みなどをよく知っておきましょう。

2.悪天候の際にはリスクがあります
最新型の飛行機であっても、悪天候には勝てません。航空会社も最善の努力をしますが、やはり安全第一です。最悪の場合には欠航します。

格安航空券の隠れたデメリットでもありますが、乗り換えになった場合、後回しにされるリスクがあります。国内線であれば露骨にもならないでしょうが、とりあえず覚悟はしておきましょう。

注意しましょう

便利の裏には理由があります。様々な注意点を理解してから格安航空券を購入しましょう後から、知らなかった!これではせっかくのチケットがもったいないですよ。
●おすすめサイト:格安航空券サイト 国内航空券の最安値販売は空旅.com

Copyright(C)2016 国内で格安航空券を購入時の注意点 All Rights Reserved.